\Amazonがブラックフライデー突入!特選タイムセールはこちら/

ヘッドホンの汗かき・蒸れる対策に|さらさらカバーmimimamoレビュー

7 min

この記事では、「ヘッドホンで蒸れる」「夏場のヘッドフォンは汗をかいて好きじゃない」とお悩みの方へ向け、ヘッドホンの蒸れ対策に役立つ「mimimamo」をレビューします。実際に使ってみた感想や洗い方もご紹介するので、あわせてご参考ください。

たるお

たるお

結論から言うと、mimimamoを使うとヘッドホンの接地面がサラサラになってつけ心地がすごく良くなったよ!それに蒸れる症状もだいぶ改善されて集中力が増したんだ。

ただし、ヘッドホンのサイズや相性によっては耳蒸れを解消できない可能性もあるので要注意!相性表も用意されているのでぜひ参考にしてみてね~

この記事を読んでわかること
  • ヘッドホンの耳蒸れ問題とはなにか
  • 夏も汗で蒸れにくいヘッドホンに変身させる方法
  • 実際にmimimamoを使ってみたレビュー

ヘッドホンの蒸れる・汗かき問題あるある

ヘッドホンには「オーバーイヤーヘッドホン」や「オンイヤーヘッドホン」などいくつかの種類があります。

中でも、耳を完全に覆うオーバーイヤータイプは、「イヤーパッドの内側が蒸れて耳に汗をかいてしまう」という経験をされる方も少なくないようです。

たるお

たるお

夏場のヘッドホンは蒸れがすごくてあまり使いたくないよ…。それに、冬でもヘッドホンの”中”が蒸れてくる感じがして、作業への集中力が途切れちゃうことがあるんだよね…

つけている肌触りが気持ち悪い

ヘッドホンで耳が蒸れると、蒸れている嫌な感触はもちろんのこと、イヤーマフと触れている肌触りが気持ち悪いと感じるのは筆者だけではないでしょう。

また、耳に載せるだけのオンイヤータイプも、接地面が蒸れてニチャァ…と嫌な感触を味わった方もいるのではないでしょうか?

ヘッドホンの耳蒸れ問題として、「ヘッドホンを付けている部分の肌触りが気持ち悪い」「ひっついている感じがする」などの悩みを抱える方も少なくないようです。

たるお

たるお

ヘッドホンを付けている時は耳の蒸れが気になるし、取り外すときに若干ひっつくあの感じ、まじでキモい!

ヘッドホンのイヤーパッド部分がボロボロ

イヤーパッドがボロボロな写真

ヘッドホンの耳蒸れや汗の付着など、長く使っているとイヤーパッドがボロボロになる経験をしたことはありませんか?

これは「加水分解」という現象で、ヘッドホンをはじめ合皮を使っている製品の多くは寿命があります。

定期的なメンテナンスで寿命を延ばせるものの、最終的にボロボロになるのは避けられません。

ボロボロレベルがマックスになると、耳蒸れどうこう以前にイヤーパッドの破片が肌にくっついたり、床に散らばったりし始めるもん…そうなるとヘッドホンを処分するしかないよね

しまった

しまった

たるお

たるお

おっと、それは早計じゃない?イヤーマフの劣化を完全に防ぐことはできないけど、「mimimamo」を使えばヘッドホンの破片が散らばるのを防ぎつつ、耳蒸れの不快感も軽減できるよ。

つまり、パッド部分が劣化したヘッドホンも再利用できるってワケ!

mimimamoでヘッドホンの汗かき・耳蒸れ問題を対策しよう

ヘッドホンの汗蒸れ問題あるある
  • 夏場にヘッドホンを使うと耳が蒸れる
  • なんなら冬も耳が蒸れる
  • イヤーパッドの密着感が強くて気持ち悪い
  • 劣化したイヤーパッドがボロボロと剥がれ落ちる

そんな悩みを解決するアイテムが、ヘッドホン用カバーの「mimimamo」です。

たるお

たるお

今のヘッドホンは好きだけど耳が蒸れてしまう…。耳が蒸れないヘッドホンはないかな?」と、そんな気持ちを抱えている人にはマジでおすすめのアイテムだよ!

mimimamoとは

引用元:https://mimimamo.com/

mimimamoとは、テンセル素材を使った薄さ0.5mmのヘッドホンカバーです。吸湿・速乾性に優れており、薄くも耐久性のある生地に仕上がっています

「洗って繰り返し利用できる」「抗菌防臭加工済」「音質の低下もほぼ体感ナシ」といったスグレモノで、丸から楕円形まで、さまざまな形のイヤーマフに対応できます。

テンセルとは、ユーカリを原料とする合成繊維。mimimamoをレビューすると、しなやかでとても肌触りが気持ち良い素材です。

たるお

たるお

手袋や靴下のようにかぶせるだけでOKなんだ!とっても簡単に装着できるのに、夏場の耳蒸れを改善したり、ボロボロのイヤーパッドでもつけ心地を気にせず再利用できたり、マジでおすすめだよ!

汗かき・耳蒸れ対策グッズmimimamoのレビュー

mimimamo 開封前レビュー写真
製品名mimimamo
対応サイズM(直径6.5~9cm)/L(直径8~11cm)
素材テンセル89%、ポリウレタン11%
厚さ0.5mm
特徴汗脂のべたつき解消
蒸れの不快感を軽減
抗菌防臭加工
もみ洗いで再利用可能
カラーブラック/ブルー/パープル/ピンク/レッド/グレー/アーミー/オーシャン/シティ/ボルドー/グリーン

結論から言うと、「ヘッドホンは耳が蒸れる!」「接地面のベタつきが気持ち悪い」など不快感を解消できる便利アイテムです。

mimimamoのレビューまとめ
  • 中身はカバーと説明書のみ
  • mimimamoの装着はとても簡単
  • ヘッドホンで耳が汗をかく&接地の不快感がまじで無くなる
  • 抗菌仕様で雑菌対策もOK
  • カラー種類が多いのでおしゃれにもおすすめ
  • 音質の違いが正直わからない

中身はカバーと説明書のみ

mimimamo 開封レビュー

ヘッドホンの汗蒸れ対策におすすめな「mimimamo」の中身は、本体カバーと説明書のみ

mimimamo、Made in Japanの証

本体カバーには「MADE IN JAPAN」の文字があり、手触りはサラサラでつけ心地が良さそうな感じがヒシヒシと伝わってきます

mimimamoの裏面

mimimamoの外観は、内側にmimimamoの刻印があるだけで基本無地です。今回購入したのはブラックですが、1色以外のカラーリングもあるようです。

たるお

たるお

mimimamoは1つ1つ、職人が手作りしているらしいよ

mimimamoの装着はとても簡単

mimimamoの説明書

mimimamoの取り付け方はとてもお手軽です。正直、装着するだけなら時間は30秒もかかりません

今回装着に使ったのはMサイズですが、後々Lサイズに付け替えています。(理由は後述)

  1. STEP

    ヘッドホンを置いてmimimamoのカバー部分を広げる

    mimimamnoの装着手順
  2. STEP

    イヤーパッド全体を覆うようにかぶせる

    mimimamnoの装着手順
  3. STEP

    取り付けたあとサイドを均一にする

    mimimamnoの装着手順
  4. STEP

    全体をなじませる

    mimimamnoの装着手順

    たったこれだけで、ヘッドホンにmimimamoを装着できます。

たるお

たるお

ヘッドホンの汗蒸れ対策がこんな簡単にできるなんて最高だよね!

ヘッドホンで耳が汗をかきにくい&接地の不快感がまじで無くなる

mimimamnoをヘッドホンに装着したところ

mimimamoのレビューとして、素材に使われている「テンセル89%、ポリウレタン11%」の肌触りはとてもなめらかで特筆すべきポイントがあります。

mimimamnoをヘッドホンに装着したところ

厚さは0.5mmなので、普段のヘッドホンを装着する感覚とまったく変わりはありません。しかし、合皮などを使っているヘッドホン特有の汗で肌にピタッとくっつく感じが一切なくなります

さらに、擬似的な密着感を生み出しつつもうまく空気を逃がす通り道があるため、ヘッドホンの中も蒸れません。

たるお

たるお

すごく良いヘッドホンでも、耳蒸れが気になって30分に1回くらいで換気してたんだ。でも、耳が蒸れないヘッドホンに早変わりしたからマジでびっくりした!ずっとつけっぱなしでも不快感一切ナシ!

抗菌仕様で雑菌対策もOK

mimimamoのSEKマーク認定

mimimamoは抗菌防臭加工がされています。雑菌の繁殖を抑え、悪臭発生の防止効果を期待できます

第三者機関にて性能がチェックされており、SEKマークの認定を受けているのもメリットの1つです。

肌触りの良さ、吸湿・速乾性、耐久性というヘッドホンカバーに求められる性能を全て備えた究極の繊維、それがテンセルなのです。さらに、mimimamoに使われているテンセルは、紡績から染色・抗菌防臭加工まですべて国内で行っています※。日本の繊維産業の誇りが詰まった、最高品質の生地の感触を、是非お楽しみください。※原綿はヨーロッパから輸入しています。

https://mimimamo.com/qa.html

原料は輸入品ですが、「紡績から染色・抗菌防臭加工まですべて国内で行っています」と公式サイトに記載されているとおり、メイドインジャパンで品質にも期待できます。

洗って繰り返し利用できる

mimimamoの洗濯方法

mimimamoのレビューとしては、「耳蒸れを改善する」だけでなく、洗って繰り返し使える点も特筆すべきポイントです。

素手による揉み洗いで、いつでも簡単にメンテナンスできます。

たるお

たるお

「耳が蒸れないヘッドホン」になるということは、mimimamoが汗を吸着しているのかな…?と思っちゃうよね。そんなmimimamoは簡単に手洗いできるので、ぶっちゃけ気にする必要ナシ!

ちなみに、洗う時は「アクロン」などの静電気抑制洗剤がおすすめと公式に記載されているよ

カラー種類が多いのでおしゃれにもおすすめ

mimimamoのおしゃれ写真
引用元:https://mimimamo.com/

mimimamoは耳蒸れ対策に役立つだけでなく、さまざまなカラーデザインがあるためおしゃれなアイテムとしても活用できます

また、イヤーマフを完全に覆うため、「お気に入りなのにパッド部分がボロボロになってしまった…」とイヤーマフが劣化したヘッドホンも再利用できます。

たるお

たるお

「耳が蒸れないヘッドホンが良いけど、デザインは今のモノが気に入っている…」そんな悩みを抱えている人に、まさにおすすめのアイテムと言えるね!

音質の違いが正直わからない

レビュー前にチェックしたmimimamoの公式では、「厚さ0.5mmで音質への影響を最低限に抑えている」と記載されています。

たるお

たるお

ということは、ちょっとは音質が変わっちゃうのかな…?と思って、アクティブノイズキャンセリング付きのヘッドホンで着用してみると…

いや、全然音質の差がわからんわ!

mimimamoを装着しても、正直僕には音質の違いがわかりませんでした。耳がバカなのかもしれないです。

高級オーディオ大好きマンに試用してもらうと、「若干アクティブノイズキャンセリングの効きが悪くなる印象」とのコメントを頂きました。でも愛飲してるボルヴィックと水道水の違いが分からない人なんでまったく信用できないです。なんで聞いた?

mimimamoを使ってみてわかったこと

実際にmimimamoを使ってみると、ヘッドホンで汗を掻く症状が改善されました。レビュー用に1ヶ月ほど着用してみて、実際に使って分かったことを紹介します。

mimimamoを使ってみてわかったこと
  • 集中力を維持しやすい
  • サイズが合ってないと効果半減
  • ヘッドホンのボタンは配慮が必要かも

集中力を維持しやすい

作業BGMを聞きながら作業をしていると、ヘッドホンで耳汗をかいて集中力が途切れる…なんてことが僕にもありました。

たるお

たるお

30分や1時間に一度はヘッドホンを外して文字通り”換気”してたけど、mimimamoを装着すると”換気”が一切いらなかったので集中力がまったく途切れなかったよ!

一方で、mimimamoを利用すると耳蒸れが大幅に軽減されるため、数時間着用しても集中力が途切れることはありませんでした

サイズが合ってないと真逆の効果に

mimimamoのカバーを押し込んでいるところ

結論から言うと、サイズがミスマッチだと逆に耳が痛くなるため注意が必要です。

公式サイトでは、オンイヤータイプにM(直径6.5~9cm)、オーバーイヤータイプはLサイズ(直径8~11cm)がおすすめされています。

たるお

たるお

表面がピンと張るような状況だと、「耳裏部分が肌と密着して逆に蒸れる」「メガネのツルで耳が痛くなる」的な現象が起きちゃった。

一応、mimimamo的には中央を押し広げてね!ということだったんだけれど…

指の腹で表面部分を押し広げる(伸ばす)と耳への圧が改善される

mimimamo公式では、表面を押し伸ばすと症状が改善されると案内されていました。そのため、何度か使う前に中央を押し広げるとたしかに症状は緩和されましたが、根本的な違和感は拭えません。

たるお

たるお

なので、最終的にはLサイズへ買い直してみたんだ。耳への圧迫感が減って、耳蒸れの現象も改善。完全にストレスフリーなヘッドホンになったよ!

mimimamoのレビューとして、サイズが合わないと逆効果になってしまうかもしれないのでご注意ください。

イヤーマフ は、各サイズ「M(直径6.5~9cm)」/「L(直径8~11cm)」 が推奨。個人的には大きめサイズだと良いかも?という印象

ヘッドホンのボタンは配慮が必要かも

mimimamoとボタンの競合

サイドボタンがあるタイプのヘッドホンは、mimimamoを装着するとボタンが完全に覆われてしまう場合があります。

物理的なボタンならカバーの上から押せるものの、タッチ系は反応しづらくなってしまう点に注意しましょう。

mimimamoとケーブル穴の競合

また、Bluetooth系のワイヤレスヘッドホンには有線端子や充電端子がついていますが、そこもカバーで覆ってしまう可能性があります。

もちろん、必要なときにちょっとずらせばOKです。

たるお

たるお

僕はPC前でずっと作業するタイプなので、ボタンも特に気にする必要がなかったかな?

mimimamoの使用感レビュー|感想・評価まとめ

良かった点
  • 接地面がひっつく感じがなくなる
  • ヘッドホンの耳蒸れ問題がほぼ解消
  • 洗って繰り返し利用できる(コスパ◎)
  • ”音質の低下”も体感ナシ
  • 汗で劣化したイヤーパッドも隠せる
  • 加水分解を遅延できるかも
悪かった点
  • サイズが合わないと違和感バリバリ
  • ヘッドホンによってはサイドボタンが隠れる
/wp-content/themes/tarulog/images/character/tar_fin.png

長時間ヘッドホンをする人はマジで買い

mimimamoの感想レビュー:良かった点まとめ
mimimamoレビューの良かった点として、マジで「汗が気にならないヘッドホン」に早変わりしたのはめっちゃくちゃ素晴らしい。「ヘッドホンをすると耳が蒸れて集中力が途切れる」「夏場の耳蒸れ対策をしたい」なんて人には特におすすめできる商品だね。

それに、汗や蒸れといった問題だけでなく、つけ心地も気持ち良いのは特筆すべきポイント。接地面の肌蒸れなど不快感を抑えるので、作業の集中力を邪魔する要素を大幅にカットできる感じ。

ぶっちゃけ、長時間ヘッドホンを着用するならマジで買いの商品だと思う!

mimimamoの感想レビュー:悪かった点まとめ
mimimamoレビューの悪かった点として、サイズを見誤ったり、伸ばさなかったりすると逆に耳蒸れが起きやすいのは注意が必要かな。mimimamoはすごく柔らかいんだけど、ピンと表面が張る状態だと圧に負けて耳が肌にくっついてしまうんだよね。

その結果、耳裏の部分が密着して、耳が痛くなったり、逆に汗をかいてしまったりしたことがあったよ。後はボタン部分にかぶるかどうかの注意点ぐらいで、ぶっちゃけサイズミスさえなければ耳が蒸れる対策にベストマッチな商品だと思う!

結論:ヘッドホンの汗かき・耳蒸れ対策なら「mimimamo」はマジでおすすめ

mimimamoを使うと、ヘッドホンで汗をかく・耳が蒸れる現象を改善できました。

集中力を保ちやすくなるため、「作業BGMを良く聞く」「パッドが汗で肌にピタッとくっつくのが好きじゃない」「耳が蒸れるのが不快」といった人にはマジでおすすめです。

たるお

たるお

イヤーマフが劣化したヘッドホンも再利用できるので、お気に入りのヘッドホンを長く使いたい人にもおすすめだよ!

Amazonがホリデーシーズン突入で、特選タイムセール実施中!

Amazonポイント最大2.5%還元!

Amazonでお買い物をするなら、「Amazonチャージ」を有効活用しましょう。ご自身のアカウントに一旦チャージをするだけで、Amazonで使えるポイントが追加で還元されます。

チャージ金額に応じて得られるポイント還元率が異なるので…
購入する商品が高額になればなるほどAmazonチャージを活用するとオトクです。

チャージ金額通常会員プライム会員
90,000円~2.0%2.5%
40,000円~1.5%2.0%
20,000円~1.0%1.5%
5,000円~0.5%1.0%

さらに、プライム会員なら「クレジットカードチャージ」にも対応。何度でも0.5%のポイント還元を受けられます。

「Amazonでよく商品を購入する」
「一度の支払いが5,000円以上になりそう」

そんな方は必見のサービスです。まずはAmazonプライムの1ヶ月無料体験から!

たるおると

たるおると

ライター

ネトゲにハマって人生が終わりを迎えたフリーランス。オカルトファンタジーが大好きで、あの頃のMMOを探し求める亡霊。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。