\最大2.5%ポイントバック!Amazonキャンペーン実施中/

MiniTool Partition Wizard レビュー|パーティション管理におすすめ!【良かった点や悪かった点】

6 min

この記事では、MiniTool Partition Wizardとは何か、MiniTool Partition Wizardで出来ることについてレビューをご紹介します。パーティションなど基礎的な要素についても解説していますので、あわせてご参考下さい。

この記事を読んでわかること
  • 「パーティション」とは何か
  • MiniTool Partition Wizardで出来ることやプラン
  • MiniTool Partition Wizardの使用感レビュー

この記事はメーカー様より商品をご提供いただき作成しております。

そもそもパーティションとは?

パーティションとは、「間切り/仕切り」を指す言葉です。これをパソコン用語に置き換えると、HDDやSSD内で分割された1つ1つの領域を指します。

ん…?つまりパーティションってどういうこと?

たるお

たるお

あじ助

あじ助

ストレージ内の区切りみたいなもんだ。1つのHDDを使って、「Cドライブ」「Dドライブ」「Eドライブ」…と細かく使い分けることができるぞ

HDDやSSDのような記憶装置にはパーティションがあり、その中にデータを保存しています。イメージとしては、「HDDやSSDが一軒家で、パーティションは個別のお部屋」のようなものです。

パーティション分割によってお部屋を個別に仕切ることで、住人(データ)の快適性がアップします。管理人(あなた)としても、トラブルが起きたときは個別に対応できるため万が一の際も安心です。

パーティション分割するメリット

基本的に、パーティション分割はメリットが多くなっています

MiniTool Partition Wizardをレビューする前に、パーティション分割によって得られるメリットの一例をご紹介します。

パーティションを分割する2つのメリット
  • OSとデータを分けて管理できる
  • データを管理しやすくなる

OSとデータを分けて管理できる

ドライブ内にパーティションを作ることで、データを安全に保存しやすくなるメリットがあります。

たとえば、「OSに不具合があって再インストールが必要」となった場合、OSがインストールされたパーティションを初期化しなければなりません。

パーティション分割をしていなければ、OSがインストールされているストレージをまるごと初期化する必要があります。

しかし、事前にドライブ内をOS用とデータ用にパーティション分割しておけば、初期化するのはOS用のパーティションだけで済むため、データ用の領域が消失する心配もありません。

パーティションを分割しておけばトラブルのない領域まで初期化する必要がないため、データが消える心配を抑えられます。

データを管理しやすくなる

作業用のデータを保存しておくパーティション、画像データなどを保存しておくパーティション、…と分けることでアクセス性が向上します。

データの整理がしやすいだけでなく、作業用のデータをバックアップしたいといった場面でもドライブごとバックアップできる利点もあります。

ゲーム用、動画用、仕事用、OS用といった具合に、1つのドライブだけで細かくパーティションを分割できます。

MiniTool Partition Wizardとは?

MiniTool Partition Wizardとは、MiniTool Softwareが開発したディスク管理ツールです。

「MiniTool Partition Wizard」の名前どおり、パーティション操作に特化したソフトウェアで、ディスク診断やファイルシステムを変更する機能も併せ持っています。

MiniTool Partition Wizardさえあれば総合的なディスク管理が可能なため、「データの安全性を高めたい」「PCの快適性をアップさせたい」というシーンに最適です。

あじ助

あじ助

パーティションの分割は、バックアップやドライブ内動作の快適性を改善したい人におすすめだ

MiniTool Partition Wizardの利用プラン

MiniTool Partition Wizardの個人向けプランは以下の5つです。

プラン年次利用料(税込)商用可否ライセンス数/PC備考
無料版0円NG1パーティション操作
ディスク診断
ファイルシステム変更(FAT→NTFS)
プロ版6,578円OK1無料版機能+
主にOSディスクやOSパーティションの移動やコピー
ダイナミックディスク管理
プロ・デラックス12,320円OK1プロ版機能+
パーティションやファイルデータの復元機能
プロ・プラチナ12,617円OK3デラックス版機能+
追加の計3ライセンス
プロ・アルティメット20,383円OK5購入日から一生涯利用可能
(買い切り型で更新不要)
MiniTool Partition Wizardのプランにおける詳しい違いはこちら

MiniTool Partition Wizardの有料版では、無料版の機能に加えてOS周りのパーティション管理機能やデータ復元なども可能です。

基本的には、個人ユーザーであれば無料版の機能で十分な機能が揃っているため、パーティション管理やディスク診断が目的であれば有料版は必要ありません。

あじ助

あじ助

ダイナミックディスクの使用は現在非推奨のようだし、データ復元も俺は普段遣いはしない。普通に使うだけなら無料版でも十分だと思うぞ

MiniTool Partition Wizard(無料版)でできること

MiniTool Partition Wizardの無料版では、大きく分けて以下の3つの機能が利用できます。

MiniTool Partition Wizard(無料版)でできること
  • パーティション管理機能
  • ディスク診断機能
  • ファイルシステムの変更
あじ助

あじ助

それでは「MiniTool Partition Wizard(無料版)」で出来る点についてレビューしていこう

パーティション管理機能

MiniTool Partition Wizardでは、「パーティションの作成/削除」「フォーマット」「サイズの変更」といったWindows 10に標準で搭載されているディスクの管理と同様の機能を使えます。

さらに、パーティションの移動、分割、統合、コピーなど多岐にわたる機能をパーティションのフォーマットをせずに行えるのもポイント。

パーティションの容量をスライダーで調整ができたり、使用容量が色付けされていたりと、Windows標準機能に比べてユーザーフレンドリーな操作性も特長の1つです。

あじ助

あじ助

Windows 10の標準ソフトよりも直感的に操作できて初心者にも扱いやすそうだな

ディスク診断機能

MiniTool Partition Wizardの無料版レビューとして、「サーフェステスト」「ディスクベンチマーク」「ディスク使用状況分析」ができる点は見逃せません。

サーフェステスト

MiniTool Partition Wizardを使ってサーフェステストをすれば、HDDやSSDの読み取りに問題がないか診断できます

ファイルを開くのが遅いなど調子が悪いときにはチェックしてみるといいでしょう。

ディスクベンチマーク

MiniTool Partition Wizardのディスクベンチマークなら、HDDやSSDのデータ転送速度を確認できます

データの転送速度はOS起動やファイルコピーといった動作に直結するため、パソコンを快適に扱うには欠かせない要素の1つです。

あじ助

あじ助

MiniTool Partition Wizardの使用感レビューとしては、定番ベンチマークソフトの”CrystalDiskMark”っぽい機能だな

ディスク使用状況分析

HDDやSSD内のフォルダやファイルの占有率をツリー状に表示することで、ディスクの容量を圧迫しているフォルダやファイルを手軽にチェックできます。

不要なファイルの判断&削除により、ディスクの容量を確保したい場合に便利な機能です。

また、右側の枠に表示されている拡張子をダブルクリックすると特定種類のファイルを一覧表示できます。

動画ファイルや画像ファイルの中で容量が大きいものを探すなど、ディスク内を整理したいときは特に役立ちます。

あじ助

あじ助

この手の機能をもつソフトは何個か知っているが、特定の種類のファイルを表示する機能は結構便利だな

ファイルシステム変更

フォーマットをせずにファイルシステムをFAT32からNTFSに変更できます。

ファイルシステムとは?

ファイルシステムとはOSが提供するデータをファイルとして管理する機能のことで、それぞれ特徴があります。

FAT32というファイルシステムはWindowsやMac、Linuxでも扱えますが、パーティションサイズが2TB、最大ファイルサイズが4GBまでと言った制限があります。

一方でNTFSはWindowsでしか扱えませんが、パーティションサイズもファイルサイズも実質無制限(16EB)で扱える点がメリットです。

あじ助

あじ助

基本的にはあまり気にしなくてもいい部分かもな

実際にMiniTool Partition Wizardを使ったレビュー

今回は実際に未使用のHDDにCドライブをバックアップ(コピー)してみます。

MiniTool Partition Wizardでパーティションをバックアップする手順

  1. STEP

    コピーするパーティションを右クリック

  2. STEP

    コピーをクリック

  3. STEP

    バックアップ先のストレージを選択

  4. STEP

    設定を確認して完了をクリック

  5. STEP

    適用をクリック

  6. STEP

    [はい]をクリックしてコピーを開始

  7. STEP

    コピーの完了を待つ

    SSD→HDDの100GB程度のコピーで20分くらいかかりました。

  8. STEP

    ファイルが正常にコピーされていることを確認し完了

MiniTool Partition Wizardのレビューとして、各手順を手軽に選択できるため迷うことなく簡単に操作できました

MiniTool Partition Wizardの使用感レビュー|感想・評価まとめ

良かった点
  • パーティション統合などでフォーマットが不要
  • 直感的に操作できるUI
  • Windows標準機能には無い多機能さ
  • 無料でも制限が少ない
  • 無料でディスク診断ができる
悪かった点
  • 無料版の性能が十分すぎて有料に魅力を感じない
  • 公式サイトの日本語が少し怪しい
/wp-content/themes/tarulog/images/character/aji_fin.png

パーティション管理を手軽に行える高機能ソフト

MiniTool Partition Wizardの感想レビュー:良かった点まとめ
とにかく操作しやすいのが印象的だな。クリック操作だけでほぼすべての操作ができるし、視覚的にも分かりやすくて自分で操作の仕方を調べたりすることなく動かすことができた。これならパソコンを普段から触っている人になら簡単に操作できるだろうな。

あとはフォーマットをしないで各機能を使えるのが嬉しいな。前述の操作のしやすさと相まって手軽にパーティションの管理を行えるし、幅広くおすすめできるソフトだ。


MiniTool Partition Wizardの感想レビュー:悪かった点まとめ
ソフト本体のことではないが、個人的に一番気になったが公式サイトの日本語訳の怪しさだな。インターネットを使っている以上、ウィルスとかスパイウェアに敏感になるのは当たり前だしその辺はシッカリしてほしい所だ。

結論:MiniTool Partition Wizardはパーティション管理をしたい幅広い層おすすめ!

MiniTool Partition Wizardは高機能・操作性◎・無料と嬉しい要素が三拍子揃うパーティション管理ソフトウェアです。

そのため、パーティションを管理したい人全般に是非おすすめしたいソフトウェアといっても過言ではありません。

フォーマット無しで各機能を使えるため、すでにパーティションを構築している方でも使いやすい点が嬉しいですね。今後も機会があれば使いたいと思えるパーティション管理ソフトウェアでした。

あじ助

あじ助

ライター

たるおにフルスクラッチでサイト制作させられた上にそのすべてを捨てられた過去を持つ。マジで可哀想な被害者。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。